夢の島熱帯植物館(4)新種ツバキとバンクシア

ツバキ  フラウ・クミコ
f0329849_1158965.jpg


ツバキ  ショウカエン(頌花宴)
f0329849_11583510.jpg

f0329849_11585179.jpg




ツバキ  イズモタイシャヤブツバキ(出雲大社藪椿)
f0329849_11591468.jpg


f0329849_11593114.jpg




ツバキ  サワノホマレ(咲羽の誉)
f0329849_11595029.jpg





フィロデンドロン・ウエンド・インベ [サトイモ科]
f0329849_1213544.jpg


f0329849_1215293.jpg

    葉は立派なサトイモの葉ですが、 花が咲いてないのが残念。

         赤い苞の中に真っ白な花を見せるそうです。

      ウインドランベトインベの交雑種。ブラジル南東部原産、





植物館から中間のテラスに出ると、冷たい風がほほをつたいます。そこに

  珍しい形で、くすんだヤマブキ色の果穂を見つけました。

  織物の起毛材として使うチーゼルに似ているので、触れてみたら

  軟らかい感触、説明板に“バンクシア” とありました。   
f0329849_1201782.jpg


f0329849_120396.jpg


バンクシア  ヤマモガシ科、属の一つ。オーストラリア原産

いけばな展で見かけますが、80種ほどの種類があります。

18世紀から19世紀にかけて植物学者であると共に自然科学の拘留に

尽力したイギリスのバンクス卿にちなんで命名されました。


f0329849_1373632.jpg


    写真↑のように枝の付き方が珍しいですね。

ニューギニアなどに分布する1種を除いてはすべてオーストラリアに原産する。

バンクシアの種類
        テリー・バンクシア、ホッケラナ・バンクシア、 

        ネアー・バンクシア(バンクシア・コッキネア)

       バンクシア・バーデッティー、 バンクシア・スケプトルム、 

            バンクシア・マルギナータ。

 
※バンクシアを活ける時

  いけばなでは、多くの花が集まった花序を乾燥して用います。

 花柄に残っている細長い(葉苞葉)が花序を包みこんでいるので、

 少し霧を吹くなどして葉を開かせて花を見せるように用いる事が必要です。

  叉、オーストラリア産のものだけにユーカリ(は国花)などによく調和する花である。

                                   資料:いけばな花材ハンドブック
                                           工藤一彦 著












ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
ポチットクリック宜しくお願い致します。


華道 ブログランキングへ←此方もクリック宜しくお願いいたします。

   活花生活(1)
       
URL spiritualife with flowers 活花生活  以前のブログです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by flspli872392gblf | 2015-02-19 13:35 | 活花生活 | Comments(0)