お茶の水駅~神田明神散策(2)と庭園の花木

湯島聖堂の裏口から坂を下ると
ビルの谷間に挟まれたように
神田明神の赤い鳥居が見えます。

鳥居の横には甘酒屋で有名な
老舗の天野屋があり、
店先には
甘酒入り紙コップを持った人達が
寒さ凌ぎも兼ねて楽しんでました。


  
f0329849_18350723.jpg



神社のお参りも4列渋滞の行列です。
あら珍しい赤い絨毯が!と?思えば、
厳かな笛の音と共に神前結婚が
執り行われておりました。

f0329849_11421084.jpg





f0329849_11430104.jpg





f0329849_11433499.jpg

江戸の三大祭りの一つである
神田明神のお祭りには大変な人出で賑わいます。

ツボネが30代の頃、神田明神の氏子である友人に誘われて、
子供の頃からお祭り大好きな神輿を担ぎに行きました。

町内の半纏が無いと外部の人は担げません。
当時も背が小さく担ぎ手の間に入って
ぶら下がり状態でしたが、つま先を付くあのリズムがたまらなく好きです。
気の塊の中に入って、無心状態
気持ちが良かったのを懐かしく思い出す
老齢の枯れた心を満たしてくれます。

f0329849_11444301.jpg
神輿の上には鳳凰が、
此方の屋根は神輿が入っているのだろう!か?


神輿の上に鳳凰が付いてますが、
町内の祭りが終る度に、担ぎ手が夢中で揺らすので
鳳凰の羽などが壊れ
実家に鳳凰が修理にお出まし、これもまたいい思い出の一つです。
実家は貴金属装身具商でした。

f0329849_18344101.jpg
甘酒屋に神輿が飾って在ります。




ちっと気が付かない場所ですが、神田明神を背にして右手に
神社の屋上庭園があります。

階段風の坂を登ると枝垂れ梅が
花を咲かせてました。

f0329849_11453753.jpg




黄色の春の花
サンシュユも色を添えてます。

f0329849_11461920.jpg


庭園をぐるりと回ってさらに裏手に進むと
階段下に小さな公園があります。

階段手前に先ず咲くと言う名の万作の花が咲いてました。
黒塗りの粋な下町風の
建物があり、中は喫茶店になっている
御休み処です。


f0329849_11464959.jpg



窓の格子が如何にも下町職人の作りですね。

f0329849_11473438.jpg


 公園を抜けて、若者の街、電気の町、
 今は外国の人が多く買い物する町、
 その秋葉原まで歩きました。
 15分位掛かりましたが、
流石、土曜日で人出が多い街になりました。


 ご訪問ありがとうございました。




ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by flspli872392gblf | 2017-03-12 12:59 | 日々のお知らせ | Comments(0)