カテゴリ:日々のお知らせ( 50 )




 栃木県に工場がある日産自動車のショールームと、
関東平野を一望できる太平山(交通安全、安産の神様)へ、

 元気広場の仲間と行って来ました。

 日産工場は広大な敷地の中、工場見学専用のバスに乗り換えて
美しい女性の説明で、1時間程工場内を見学してきました。

f0329849_08543668.jpg

 http://www.nissan-global.com/JP/PLANT/TOCHIGI/

                  

予約制で小学生でも、個人でも見学OKです。
                  
 円形型のショールームに新車の高級車が4台展示されてます。

f0329849_08563213.jpg
                         GTーR スポーツカー

                        自由に内部も試乗出来ます。

f0329849_08571316.jpg


流石に高級車の内部は、座り心地も抜群!体全体が吸い付く様に
包み込まれる感触!素晴らしい!

我家では長き亘って、便利な愛車は
 椅子と人体の揺れが別々と言う感触とは大分違います。
当然!そうですよね。

処で、子供の頃12~3歳(昭和30年頃)初めて乗った車が外車でした。
思い出します。
1950年~60年代アメリカ車の最盛期
下町など滅多に外車など見たことなく、
間口2間半の家の前に異質な車(天から降りて来たような)が、
デ~~ンと、我が家の玄関が小さく見えた位です。

仕事先の番頭さんが珍しく乗って来た
アメリカ映画に出て来るような
白とブルーのツートンカラーです。

丁度姉と出かける処、
「どこまで行くの?、送ってあげるよ!」と言われ
「わ~~!嬉しい!上野の迄!」


f0329849_08582194.jpg

乘ったのはいいが外が見えない
あまりにもクッションの良さと、小学生の体、
体が埋もれてしまい、短い子供の足で床にも付けず
揺りかごに揺られているような気持ち良さ、
車体が低く、道路を滑るような感触であったのが忘れられません。

人通りの激しい繁華街で叔父様にドアを開けて
降してもらいました。


処で当時街中でも外車は珍しく降りるお方は?
どちらのお嬢様かしら?の視線を沢山浴びつつ、
一瞬恥ずかしかったが、

あら残念!
下町の元気な日焼けした女の子2人でした。


姉との懐かしい思い出の外車試乗初体験の話です。







                    世界に一台と言う工場直のネーム入いです。
f0329849_08593621.jpg






f0329849_15233141.jpg


                      
  記念のミニカー土産です。↓
 子供なら大喜びでしょうね。
 今回の旅はミニカーの無い時代育った 高齢者が殆どで~す。

老人も子供に帰るというが、
畳の上でも性能の良い ミニカーで大いに遊んでみよう・・・か!と、
言って 走らせてみた物の、取りに行くのが面倒だ~!と、?

 何れ、孫と遊ぶか?いえいえ今は孫もスマホで~す。


f0329849_15343945.jpg








工場見学の前に、太平山(341m)の散策と神社にお参りしました。


ちょっと曇り空だが・・
 関東平野が一望できます。

f0329849_15254099.jpg





                   報告遅れましたが、5月のシヤガが咲いた頃の散策です。
                    6月にはアジサイ坂がさぞかし美しでしょう。

f0329849_15282677.jpg






827年慈覚大師により、創建されたという。また、徳川将軍家の信仰が極めて厚く、
 交通安全、安産の神様か、産道のような狭い階段の先が太平神社です

f0329849_15272066.jpg




太平神社

f0329849_15262505.jpg




       


 ご訪問ありがとうございます。





ブログランキング・にほんブログ村へ



にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       


[PR]
by flspli872392gblf | 2017-07-18 22:11 | 日々のお知らせ | Comments(0)


今年我が家の梅のは今回初めて少ない収穫でした。

22個の内、綺麗な黄色の梅だけを
ジャムにしました。

自家製となると、貴重で愛着が沸き、自然の恵みに感謝しつつ、
豊かな気持ちになります。


f0329849_18254114.jpg

疎らに黄色くなる梅を種だけ取って
グラニュー糖を回しかけておきます。

f0329849_18260242.jpg



f0329849_18261401.jpg

小さな瓶詰め2個出来上がり


f0329849_21545277.jpg
頂いた沢山の梅酒用の梅も砂糖煮と
半分は種を採って梅ジャムにしての保存食としました。

梅酒用のジャムは、夏のスムージーと、ドレッシングや煮物(青魚の煮物等)の砂糖代用で
少し入れるとさっぱりした独特の味わいで、重宝です。





此方は頂き物の沖縄産パイナップル

スーパーとは違い熟成され甘くて
ジューシイでした。

半分冷凍にして夏の暑さにスムージーを作ります。

f0329849_21200784.jpg




最後にストケシアを一輪挿しに活け替えてみました。

f0329849_22023972.jpg




梅雨の季節にと折り紙で
雨傘を作って下さった
可愛い柄の傘です。

憂鬱雨に相応しい心使いが
なんとも嬉しいプレゼントです。
有難う!


f0329849_22025778.jpg




f0329849_22064287.jpg

梅雨の季節の花と、共に設えました。



蒸し暑い中ご訪問ありがとうございます。


天気予報も外れ、部屋に洗濯物を下げたままで、
毎日除湿器を回しぱなしです。



水分を採っては汗の雫、そんな繰り返しで
昼食は口当たりの良い素麺が多く
すぐお腹が空いて、
間食に一口アイス、
こんな甘いもの食してと、
夏太り体質で、即腹筋!
また汗かいては、O~!NO!の日々でございます。

この先、真夏になり高齢者まだまだ過酷
この夏の山を登らなければ秋は来ない
年寄り仲間(大御所)と、共に
頑張りま~~す。167.png



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       



[PR]
by flspli872392gblf | 2017-07-04 13:08 | 日々のお知らせ | Comments(0)


太極拳仲間と新吉原から浅草の散策コースを計画

決して良い環境とは言えないが
育った故郷は好いものです。

梅雨の季節でしたが、
出かけてきました。




写真↓(緑道に整備された山谷掘り)
f0329849_22384163.jpg
上野駅を背に東に浅草、隅田川、
南は日本橋その先が銀座です。
さてわが故郷は浅草観音様の北に当たる、新吉原の隣町
大正の女流作家、5千円札でお馴染みの
樋口一葉の文学発祥の地、

竜泉寺がツボネの故郷です。





浅草隅田川から南北に通じるのが
吉原土手です。
   裏街道の吉原土手からスカイツリーが見えます。
f0329849_16364892.jpg

f0329849_16371377.jpg
    昭和時代テレビドラマでお馴染みの
銭形平次のセリフの中で
「吉原土手を突っ走り、あの三ノ輪の親分が・・・」
悪役三ノ輪の親分が出て来ます。



吉原土手に沿って山谷掘りがあります(写真)







f0329849_22392216.jpg

さて、以下コースのご案内


三ノ輪駅下車
浄閑寺




   三ノ輪駅の北出口を出ると日光街道と交わる交差点
すぐ日光街道に沿って1本目右側を曲がります。
丁度駅の裏側に、吉原のお女郎さん達のお墓、
浄寛寺にお参りです。

別名:投げ込み寺とも言われています。
関東大震災や東京大空襲で死んだ遊女も葬られています。




浄閑寺の斜前に
写真家でお馴染みアラーキー事、荒木経惟の実家がありました。
すでに空き地になってますが、
子供の頃、履物屋さんだった実家のご主人(父上)が
写真好き、
子供の頃から、写真おじさんで近所では有名でした。

父上と言い、環境と言い、個性のある写真家の片鱗が伺えます。




この近辺は山谷掘りと言って、暗渠になっており、
子供の頃,この暗渠の通りに同善幼稚園がありました。
私はそこに通園してましたが、
暗渠で塞がれた道路の隙間から水のせせらぎの音がして、
何故か、川の上を歩いている自分が
「この道が落ちたらどうしよう」と、子供心に不安で怖い思いをしていた
頃を懐かしく思い出されます。



f0329849_22380530.jpg





今ではその山谷掘りが途中から
緑道に整備され、春は桜、今の季節は
所々にアジサイが咲いてる
都会の喧騒の中にあってオアシスとなりました。


その写真を掲載いたしました。

以前、ブログでブラタモリの行かない吉原を掲載しましたが、
吉原の歴史も古く、歴史散策のコースとなり
所々歴史案内版が立てられてます。




さて、次は新吉原の前にある。
樋口一葉記念館に立ち寄り見学、

漫才でお馴染みの内海桂子師匠のお住まい。
(ミーハー的な案内ですが・・)

次は、海外旅行で無事祈願の飛不動尊。
ご住職を訪ねて久しぶりにご挨拶
不動尊を中心に
下谷竜泉菊祭りを開催
ツボネ40代の頃一葉公園(一葉記念館の前)で
野外いけばな展示を10年間担当
懐かしい思い出の場所です。

f0329849_12392683.jpg


    大御所と2つお守りを買い求めましたが、    
今後、飛行機には多分乗らないが、地から瞬間離れることもあるだろう??
 身に着けて、気を抜かぬようにです。


さてそこから大鳥神社前の西徳寺
この寺は、歌舞伎でお馴染みの中村家一門の菩提寺で、

故中村(萬屋)錦之助さんがお参りに来る時など大騒ぎしたものです。
現在は、十七代、十八代の勘三郎さんのお墓があります。


さて、お酉様(大鳥神社)をお参りし、その裏の
吉原池の弁天様に立ち寄りました。
以前立ち寄った際、上野の芸大生が蓮の花などの絵を描いていたのを
思い出し、観音堂には既に絵が完成してました。


新吉原の中心、柳通りの途中、吉原神社があります。
見返り柳の吉原大門まで散策。

さてその吉原大門は
九の字に曲がった道で、花街が
門の外から中が見られないように道が曲がっているのが
特徴です。

緑道になった山谷掘りを散策して
浅草の観音様の別院
小高い山が見える待乳山聖天院で緑道が終わり
隅田川に突き当たります。

処で、時代小説でお馴染みの作家
池波正太郎氏誕生がこの待乳山の近くです。


江戸の吉原を詳しく知るには
脚本家と時代小説家で有名な
脚本(「日のあたる坂道」・「にあんちゃん」映画)
(「鬼平犯科帳」テレビドラマ)

直木賞候補作家
龍 慶一郎氏(1923~1989)
小説
「吉原御免上」
「一夢庵風流記」(「花の慶次」が漫画化したもの)

夢中で読んだ「一夢庵流記」は実に面白かったです
地元に住んで居ながら中味知らずでしたから。

愈々散策コースも終わりです。


雨がしとしと傘を閉じたり開いたり
気が付けば昼食の予約時間ぎりぎり
隅田川を渡りアサビールの一階レストラン(フラムドール)で
ランチバイキング
先ずは、生ビールで乾杯!

美味しかったです。167.png




今回は長編ブログで、お付き合いいただき有難うございました。

では最後に季節の花で目を休めてくださいませ。


梅雨に相応しい花
アガパンサスを紹介します。

f0329849_16592539.jpg


 露に相応しい蕾です。
晴れると可愛い花が開きます。

f0329849_16585119.jpg





丈の短いキキョウも咲き始めました。




f0329849_17011846.jpg





  半夏生も白い部分がハッキリと目立つようになりました。
 季節を知らせる大好きな花の一つです






f0329849_17000585.jpg





ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ







にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       







[PR]
by flspli872392gblf | 2017-06-27 17:12 | 日々のお知らせ | Comments(2)

浅草三社祭りの風景









あら!あの集団、祭り半纏着ているわ!
今日は三社祭なのね!

私達は祖先の供養お施餓鬼の為に
上野駅前田原町に
出かけました。

施餓鬼が終わり、足が向くのは矢張りお祭り大好き、
御神輿大好きな場所、隣町浅草です。

f0329849_22055569.jpg


神輿をかつぐ時のあのつま先で上下、左右に動く
2拍子がたまらなく
好きな故郷のリズムです。

高齢になっても自然に体が動きます。
はたから見れば馬鹿なおばあさんかも・・!

人前ではしませ~ん

そ~‥と一人、台所で、足踏み・・うふふ・・

f0329849_22142812.jpg



f0329849_22155442.jpg




f0329849_22172223.jpg



f0329849_22183357.jpg



f0329849_22200700.jpg


今から60年も前の話ですが、当時の祭りは土・日ではないので
お祭りになると
町内のお祭りを仕切っている役員のおじさんが
小学校に呼びに来てくれます。

その日は椅子から腰が浮いている感じで
おじさんが来るのが待ち遠しいものでした。

祭り半纏を着たおじさんの姿を見ると、
担任の先生が竜泉寺の子は
お祭りに参加、帰りなさい~!

この一言が嬉しかった~!

この街を守ってくれている神社は
神主さんに私の名、姉の名を付けて貰い、
美容院の先生までもお祓いして
白無垢の正装で髪を結って下さり
結婚式までもお世話に成った神社なのです。

神聖な感じで身が締まり
覚悟しなければ
一度跨いだ敷居は戻れない
髪を結った時の元結の強さが身に沁みました。


f0329849_22215259.jpg




f0329849_22233724.jpg


祭り好きの家族達。

気持ちわかるな~~!

子供にとっては好い思い出でに
成ることでしょう。


f0329849_22244264.jpg






f0329849_22253345.jpg





f0329849_22261383.jpg



f0329849_22273146.jpg

雷門前も何時もより人出も多く
歩行者天国になってました。


f0329849_22283612.jpg

気が付けばお腹も空き
私達が使う穴場の空間へ、

隅田川とスカイツリーを見ながら
ベンチでお弁当を広げ五月晴れの中、
風に包まれ気持ちいい時を過ごして来ました。






訪問ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ










にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       


[PR]
by flspli872392gblf | 2017-05-30 22:18 | 日々のお知らせ | Comments(0)






川口市安行の高台から
この三重塔は江戸時代には現在の東京まで
一望出来、祭りには最上階まで登ることが
出来たそうです。
参拝者で賑やかな縁日が開かれていたとの事です。

今で言えば、スカイツリーの様だったのでしょうね。

f0329849_17344709.jpg







f0329849_17372940.jpg







我が家に近い草加神社です。
 少しずつ大きくなって来た山門の枝垂れ桜が今年も
 美しく咲いてます。


f0329849_17380041.jpg








   東京の外れにある古いお酉様 大酉神社を参拝して、
花畑団地内の桜を散策

f0329849_17391756.jpg





 花畑公園の桜は見事です。
此処の公園は円形用の散歩・マラソンコースが作られて
 その周りに桜が円形状に植えて庶民の憩いの場になっっています


f0329849_17404508.jpg









f0329849_17420372.jpg








f0329849_17482705.jpg








f0329849_17493077.jpg





f0329849_17542091.jpg





f0329849_22305756.jpg

円形状の中心には小高いスペースが
子供の遊び場になってそこに見事な

  枝垂れ桜が2本植えてあります。

青空の下、風に揺れ動く風景は
      
それはそれは、桜の園に囲まれ実に気持ちがいい空間です。
               





愈々夕暮れです。
県境の橋を渡る川の両側にも桜並木が
暮れ行く西日が川面に移り
自然の風景に癒された1日でした。




f0329849_22344197.jpg









ご訪問ありがとうございました。
次回はシャガの花を活けます。
また、お出かけくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ




にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       




[PR]
by flspli872392gblf | 2017-04-27 23:11 | 日々のお知らせ | Comments(0)

     
 川口市の安行桜で有名な密蔵院は、早目に咲く安行桜が
 終わると次は枝垂れ桜やソメイヨシノの桜、そして、赤いミツマタが
咲き誇りまさに春爛漫の美しい院内です



f0329849_11170502.jpg



f0329849_11185518.jpg




f0329849_11175589.jpg



 4月には、お釈迦様の花まつりが行われました。

f0329849_11213119.jpg


f0329849_11203058.jpg




ミツマタと言えば白と黄色が主流ですが、
ここでは赤と黄色のミツマタが植えられてます。

f0329849_11215777.jpg



f0329849_11230419.jpg






f0329849_11235211.jpg


さて、桜が咲き終わると、
密蔵院の南側通り隔てたところには
安行原自然の森公園があります。

シャガの花が咲き誇り、これからは山吹の群生が雑木林の
斜面に山吹色が風に揺れ動く風景は実に見事です。

ではまたご報告いたします。お楽しみに・・!






ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ




にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       






[PR]
by flspli872392gblf | 2017-04-18 11:38 | 日々のお知らせ | Comments(2)


埼玉県川口市にある三重塔は
西福寺という境内にあります。

埼玉県安行の植物園の近くですが、
外環を横切って2つ目の信号(歩行者専用)を
左に曲がります。狭い道路で車1台の道幅、
気をつけて下さいね。
右側に三重塔の屋根が突然現れるような出会いです。


住所は、川口市西立野420番地


静かな高台の境内で十分桜を眺め楽しむ事が出来るので
穴場だと思います。





f0329849_22071709.jpg







f0329849_22085307.jpg






f0329849_22102192.jpg






f0329849_22111146.jpg





f0329849_22340911.jpg



f0329849_22325530.jpg


ご訪問ありがとうございます。


ブログランキング・にほんブログ村へ




にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       






[PR]
by flspli872392gblf | 2017-04-17 22:51 | 日々のお知らせ | Comments(0)

私の桜ショット&お花見弁当

今回はブログのテーマで掲載いたします。

さて、前回の東浦和駅から芝川を途中まで散策しましたが、
先が分からずに対向者に伺いました。
この先どのぐらいかかりますか?(越谷方面からと・・)
10キロ位かかりますよ!と言われ、
こりゃだめだ!とばかりに引き返しました。


f0329849_23070851.jpg
用水路を離れ遠く見える竹林を目印に、
畑の畔や学校のサッカー場の桜並木を
眺めつつ見沼通船掘りに向いました。

f0329849_23080429.jpg





f0329849_23093178.jpg

f0329849_23102880.jpg



オオイヌノフグリやヒメオドリコソウの小さな可愛い花々、    
 畑の空き地に群生してます。



f0329849_23111662.jpg





f0329849_23114925.jpg



                   

見沼代用水西縁にた辿り着きました。

 水路の向こうが竹林です。


f0329849_23124617.jpg

      
水路の縁には薄紫の諸葛菜が群生し,とても綺麗!



f0329849_23143012.jpg



 画面左の竹林には金網が張り巡らされ、
 中は綺麗に整理されてます。
小川を挟んで小道を散策コースに整備され、
竹林の薄暗さと西日の零れる光が美しい空間を
味合う事が出来ます。

                     


                 
f0329849_23073574.jpg





足元に可愛い菫が目を惹きました
f0329849_23090714.jpg
 



張り巡らされた網の中に
入れるのは猫だけでしょう。

f0329849_23094937.jpg






f0329849_23103118.jpg





足元にはピンクの絨毯です。

f0329849_23114039.jpg






f0329849_23123247.jpg

ご訪問ありがとうございます

次回も続きます
お出かけくださいね


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       





[PR]
by flspli872392gblf | 2017-04-16 23:36 | 日々のお知らせ | Comments(0)

桜見物・毛長川の桜並木

東京都足立区と埼玉県草加市の境に流れる
毛長川の桜並木をご紹介いたします。


f0329849_12051389.jpg

毛長川は草加市松原並木の脇を流れる綾瀬川と合流して

前回の中川の一級河川に流れ込む川です。

東京都民と草加市民がお互いに楽しむ事が出来る
桜並木の風景は花畑団地の方まで続く散策道になってます。




f0329849_12495419.jpg


  正面に見える橋は、国道4号線バイパスの橋です。



散策道の橋の花壇にはボケや雪柳など、
紅白の花木が桜と共に一段と楽しい散策コースに
なってます。
流石、東京都側は整備が進んでます。

f0329849_12521558.jpg

f0329849_12540947.jpg





f0329849_12533854.jpg




   
 前回中川花桃祭りで出会った黄色の花
 名前知らずでしたが判明しました。

散策中知らない花に出会うと
ウキウキして初めてお会いしましたね!と、

声をかけたくなります。


初めて見た花の付き方はユーウホルビア(トウダイクサ科)のようで、
白い初雪草に花付きが似てます。

ノウルシ(野漆)と判明。

矢張り、トウダイグサ科の多年草、
別名:サワウルシ
川岸の原野などに群生する野草です。



f0329849_12022347.jpg







f0329849_12025629.jpg






ご訪問ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       





[PR]
by flspli872392gblf | 2017-04-04 13:29 | 日々のお知らせ | Comments(0)

               桃林の中を散策中
   
           林の足元にも小さな春を彩る草花が
                
                 目に留まります。



f0329849_21324632.jpg





土筆、ヒメオドリコソウと
青色のムスカリ



f0329849_21332021.jpg


↑ムスカリという名称は、
学名を読んだもので、この学名は
ギリシャ語で「麝香」を意味する言葉を
語源としています。
この属の1種ムスカリ・モスカツムの花に
麝香に似た香りがあることによります。

寒さに強く露地栽培に適しています。
     資料:工藤和彦著
   新花材ハンドブックより



 この黄色の花の名前が不明で、↓
 目下検索中です。
f0329849_21340589.jpg


ミモザアカシヤの黄色い花です。

f0329849_21350235.jpg



f0329849_21361091.jpg



川の縁に毎年咲く黄色の如く
その名は、黄梅です。
f0329849_21364635.jpg





f0329849_21373941.jpg


満開に開きその後黄色から白く
色が変化して行きます。


白と黄色のラッパスイセンです。

f0329849_21393635.jpg



川縁の枯れ枝にも
鳥の鳴き声と共に姿が見え

追い続けてパチリ!
f0329849_21400746.jpg




中川の堤の土手に2本の枝垂れ桜が
もう満開、川風に揺れる姿はとても美しい姿です。
f0329849_21404717.jpg





f0329849_21413044.jpg





    ご訪問ありがとうございました。






次回は中川に流れる支流の桜並木をご紹介いたします。
またお出かけくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく!
       



[PR]
by flspli872392gblf | 2017-04-03 22:32 | 日々のお知らせ | Comments(0)