甘酒の季語は夏?

  
   暑中お見舞い申し上げます。

 毎日猛暑ですが、甘酒飲んで夏バテを解消しましょう。が、テーマです。       

     

     暑さで、花瓶に挿した佛壇の花も

  直ぐお湯のようになり、氷を入れても追いつかず

         お花も可愛そうです。


         時々、花屋で少づつ買い求めては入れ替え、

   その花を少々頂き涼しげな江戸切子のグラスに小品花を活けてみました。

f0329849_106840.jpg


 テーマの
  "夏バテ解消” と、言われている甘酒です。

以前本で読みましたら、最近、テレビの”みやねや”さんが、取り上げていたそうですね
f0329849_1713412.jpg
我が家では、朝食にいただきます。

甘酒と言っても、我が家は蔵元「武勇」直

送の酒粕ですが、スーパーでは冬にしか

甘酒は売っておりません。

仕方なくスーパーで捜し求めたら、缶入

り甘酒が森永から出しておりました。

2缶求めましたが、甘すぎて口に合い

ません。やはり酒粕で代用です。



甘酒の季語が夏とは、知りませんでした。


夏だからといって、冷やして飲んではいけません。

冷房で夏は体が冷えます。少し熱くして飲むと胃を丈夫にすると貝原益軒の

「養生訓」にも記載されてます。




玄関先、目の前に飛んできた蝉です。    

あらら! こんな所に止まってました。
f0329849_17261140.jpg



グズマニア 新芽が3つ芽を出して来ました。

秋まで元気であれば新芽を切ってミズゴケで包み育てるそうですが

初体験うまくいくかな・・・・? ちっと心配です。

f0329849_174239.jpg




ご訪問有難うございました。

四季のうちで夏が一番保養しないといけません。

暑湿の気にあてられ、腹痛、吐しゃ(嘔吐、と下痢)し、脱力します。

中暑(暑邪の気が心につき、肺を傷つける)・食べすぎ、腹下し、

熱性の下痢、などの病気を起こしやすい。

生ものや、冷たい飲食を禁じ、用心して保養する。

夏にこれらの病気が起こると、元気がへって衰弱する。




私昨年の秋に近い頃から、体調が乱れ、元気が無くなり

食欲の秋が、食欲不振となり、体重も7キロ減りました。

今年は今のところ冷たい飲食もしてません。(咽元三寸ですからね!)

同じ体験したら.いい年して、お馬鹿さんになってしまいますよね。

高齢者は特に用心です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
ポチットクリック宜しくお願い致します。


華道 ブログランキングへ←此方もクリック宜しくお願いいたします。

   活花生活(1)
       
URL spiritualife with flowers 活花生活  以前のブログです。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by flspli872392gblf | 2014-08-02 18:17 | 活花生活 | Comments(0)