手仕事修理報告と茶花・掛物も・・

月一度の茶道教室
稽古用の手提げ袋、以前は1本の持ち手が
バランス悪く気になっていました。
2本取りに
紫の帯締めを付け加え修正です。

漸く満足!

f0329849_11294696.jpg


さて先月
稽古場所に設えてある掛け軸と茶花のご紹介です。


師匠直筆の掛け軸
毎月楽しみです。



f0329849_11430239.jpg






春の花
雪柳・ラッパスイセン・ハナニラ
馬酔木・フキノトウ
庭の花々との事でした。

f0329849_11421099.jpg




f0329849_11432456.jpg











クリスマスローズ・
珍しい金魚椿です。

f0329849_11423939.jpg



1・スラックスのポケット修理

暖かくなって来ましたね。
今年も寒さ対策
ユニクロ起毛付きスラックスが活躍しました。

f0329849_11354303.jpg



足の短いお陰か!(ウフ!)裾を詰めた分で
携帯用ポケットを付けました。

既製品の為、ミシンが使えない、
仕方なく


手作りの貼り付けポケットを
手縫いで付けたところ、
日常使い激しく剥がれました。

>修理完了です。110.png

既製品の脇ポケットは、
手洗に行く度に
携帯が落ち不愉快で不便、
貼り付けたポケットは
手も馴染み実に便利です。


2.バンド修理

最近バンドをしなくなりました。
それも今回は黒いズボンに赤いバンドが
どうしても必要です。

20代の時、東京表参道で買ったお気に入りバンド
50年も経つと糊が効かなくなったのか
剥がれ状態が広がり、
必要に迫り修理しました。

ホームセンターで新しい接着剤を買い求め
完成です。





f0329849_12133414.jpg





3、階段に蛍光塗料を塗る


高齢者には夜中の階段は
危険です。
事故になる前に修理。
年月がたち階段の滑り止めの
蛍光塗料が見えなくなって来た状態で
剥がして張り替えるのは大仕事。
仕方なく・・・
以前から気になって蛍光塗料を買い揃えていましたが、
愈々、実行に移すことになり、
塗り始めました。

最初はまあまあ良かったが、
古すぎた塗料はだめだ~!
下の方は塊、塗る度、ボロボロ!
気持ちもボロボロ!
十三段塗り終わった~~!


f0329849_12180924.jpg

夜の手洗いが気になり左右に分けて2日掛りでした。
今では明かりを付ける度に
階段がハッキリ見えて満足じゃ~~!
夜は怖くない~110.png



3.階段の手すり


f0329849_12365695.jpg




40年近く使っていた階段の手すりを止めている
ステンレスの留め金が、ポロ折れました。

え~!ステンレスが折れるんだ!と吃驚!

さて、この竹の手すりは、
亡き父と作った思い出の代物です。

当時、父と青竹を買いに行きました。
(当時はまだ竹竿屋さんがあったのです。)
まだ家も少なく外で焚火が出来る時代で、
一斗缶で焚火しながら
熱い竹を真っ直ぐにし、油抜き、見事な青竹で
手すりを作ってもらいました。
我が家で一番自慢の場所です。

折れた的を外すのも、2人でいい加減なドライバーしかなく
大変な思いをした。
金具と新しいドライバーも買い揃え
修理開始!

外すときに竹が割れタコ糸で巻、修理も父の
趣味の釣り竿作りを
見ていたのでラッキー(^^)v
糸の結び目が分からないように仕上げます。

以前お花の先生の結び方を盗見して覚え、
父も同じ結び方をしていると感動したものだ。


f0329849_14324700.jpg




 階段の上がり降りに一番握る場所、
素のままのタコ糸では汚れ、外れるので
丁度、金の漆が有ったので塗りました。

1度塗りして、乾いたらペーパーの紙やすりで平らにし、
それを乾くまで2日掛り、また、同じ工程を繰り返し2回、
 手持ちの漆が無くなり、最後に透明の漆を掛けて完成。
                
亡き父のお陰である戦
中ロシアで捕虜になり仲間は極寒の
炭鉱の中でバタバタと死んでしまったが
ただただ成すすべもなかったと
語った。
トロッコにぶつかりロシアの病院へ、
後に栄養失調で帰国した。

何でもいい好きな事をして余生を過ごして
欲しいと願うばかりでした。


本日はご訪問頂き有難うございました。

大正生まれの義父の思い出ブログになってしまった
昭和人が語ってますが、
今の平成から間もなく
時代は変わろうと時は流れていますね。







にほんブログ村←ブログランキングに参加してます。
    ポチットクリック宜しくお願い致します。

↓此方もねemoticon-0139-bow.gif宜しく

  

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by flspli872392gblf | 2018-04-13 15:43 | 日々のお知らせ | Comments(0)